初心者開発メモ!

プログラミングやる上で手こずりやすいところを解説しているブログです

sublime textの便利な設定

多くの開発者が愛用していると言われるsublime text。
今回はsublime textに便利な機能を付け加える設定をしていきたいと思います。

設定

これから行う設定はみなさん必ず入れて欲しい設定です。
コピー&ペーストで迷わず設定を記述して保存しましょう。
sublimetextを開き
Sublime text > preference > setting - user
をクリックしていきましょう。

そうするとsublime textではこのような表示になっているはずです。 f:id:ryouzis:20150826233936p:plain

ここに設定を書き加えていきたいと思います。

{
    "draw_white_space": "all",
    "font_size": 12,
    "highlight_line": true,
    "highlight_modified_tabs": true,
    "translate_tabs_to_spaces": true,
    "tab_size": 2,
    "trim_trailing_white_space_on_save": false,
    "word_wrap": true
}

コピー&ペーストで構いません。

f:id:ryouzis:20150826235127p:plain このようになるはずです。

以下は設定した記述の詳細です。

"draw_white_space": "all",
空白スペースに白い点で表示します。

"font_size": 12,
フォントの大きさを12にします。 (数字を変えれば好きな大きさに変更することができます。)

"highlight_line": true,
現在編集している行をハイライトします。

"highlight_modified_tabs": true,
未保存のタブを強調します。

"translate_tabs_to_spaces": true,
tabキーを押したときに空白スペースになります。

"tab_size": 2,
tabキーを押したときに空白を2つ空けます。

"trim_trailing_white_space_on_save": false,
行末の空白を保存時に削除する設定をなしにします。

"word_wrap": true
自動で折り返しをしてくれます。

この他にも様々なものがあるので、発展的な設定を導入したい方は調べてみてください。