初心者開発メモ!

プログラミングやる上で手こずりやすいところを解説しているブログです

githubやBitbucketからクローンするときのエラー

初めてgithubやBitbucketをクローンするときに
gyazo.com
のようなエラーが起きることがあります。
その時はSSH認証キーを設定していない可能性が高いです。

SSH認証キーとは

SSHとはSecure SHellの略でネットワーク上のコンピュータへ、オンラインでアクセスするためのプログラムです。 SSH認証にはパスワード認証方式と公開鍵認証方式の2つがあります。 githubでは公開鍵認証の方法を取っているようです。 SSHについておおまかに理解したところで、公開鍵認証方式の設定をしていきましょう。

公開鍵認証を設定する

公開鍵認証の方式の公開鍵と認証鍵を作成する

では設定していきましょう。
*test@sample.comはご自身のメールアドレスを入力してください。

ターミナル
cd ~/.ssh
ssh-keygen -t rsa -C test@sample.com

これで.sshファイルにSSH Keyを作ることができました。
これによって.sshファイル内に
id_rsaid_rsa.pub という2つのファイルができます。
id_rsa秘密鍵で他人には見られないようにするものです。
id_rsa.pub:公開鍵でgithubやBitbucketに貼り付けるものです。

秘密鍵のid_rsaのセキュリティーを強化するために

ターミナル
chmod 600 id_rsa

とコマンドを実行しましょう。
これで鍵の作成は完了しました。

クライアント側(ユーザー側)での鍵の設定

鍵の管理を簡単にするために

ターミナル
vim ~/.ssh/config

を実行しましょう。

~/.ssh/configファイルの末尾に以下の内容を設定しましょう。

ターミナルで.sshのファイルに記述
Host bitbucket.org
  HostName bitbucket.org
  IdentityFile ~/.ssh/id_rsa
User git

Host github
  HostName github.com
  IdentityFile ~/.ssh/id_rsa
User git

これでクライアント側へのSSH Kyeの設定は完了です。

Github/Bitbuckeへの公開鍵の設定

ブラウザでgithub/Bitbucketにログインしてssh keyというところに移動します。(探してみましょう)

公開鍵のファイルの中身をコピーするために

ターミナル
pbcopy < ~/.ssh/id_rsa.pub

これを実行するとid_rsa.pubのファイルの中身をコピーした状態になります。
実行したらssh kyeのクリップボードのところで貼り付け(command + V)
を行うとid_rsa.pubの中身を貼り付けることができます。

これで準備が終わりました。
クローンを実行してみましょう。